香港旅行で利用して良かったChinaUnicomのツーリストSIM

今年の上旬に香港旅行に行ってきたのですが、そのときに使用したお勧めのツーリストSIMカードの紹介です。

ビクトリア湾の夜景。シンフォニーオブライツを見に来たのですが、あいにくの曇り空。
香港ディズニーランド。小雨の影響もあって人が少なく、今年出来たアイアンマンエクスペリエンスもすぐ乗れました。

香港旅行でツーリストSIMは必要?

ガイドブックや旅行サイトで「香港は街中にFreeWiFiがあるので、ネット環境は大丈夫」という記事を沢山読んではいたのですが、実際の感想から言うとツーリストSIMとWiFiルーターを持っていって大正解でした。

その理由はGoogleマップがすごく役に立ったからです。香港旅行は初めてだったので右も左も分からなかったんですが、Google先生のおかげで道に迷うことはほぼ皆無でした。ほとんど日本の街を歩いているのと同じ感覚です。FreeWiFiの場合だと少し歩いては接続先を探さないといけないので、もっと大変だったんじゃないかなと思います。

使用したツーリストSIM

今回はChinaUnicomの「香港 マカオ 7日間 データ 使い放題 上網 / SIMカード」を使いました。理由は出発前に日本のAmazonで買えたからです。データ通信専用ですが、上限が1GBで1000円以下とずいぶん安く入手出来ました。

使用した機器

今回持っていたルーターは手元にあったイーモバイルのPocketWifi GP01。ドライバをver3.0にしてSIMフリー化しています。5~6年前にイーモバイルのアウトレットセールで買ったまま眠っていたものです。3Gで下り最大21MbpsのWiFiルーターで、4GLTEが主流の昨今からすると常用には少し遅いかもしれませんが、旅先で使うには十分な性能でした。本当はiPhone7にそのままツーリストSIM差したかったんですが、Softbankで機種変更したばかりでSIMロック解除が間に合いませんでした。

懐かしのイーモバイルのPocketWiFi GP01。購入6年目にして初使用でしたがいい仕事してくれました。

事前に日本で設定したAPN設定

APN 3gnet
ユーザー名 未設定
パスワード 未設定

設定はこれだけです。香港国際空港についてルーターの電源をオンにした瞬間にネットに繋ぐことが出来ました。速度も10Mbps近く出ていて遅さは全く感じませんでした。データ容量について、ホテル滞在中はホテルのWiFiが使えたので3泊4日では1GBで不足を感じることはありませんでした。