SJCAM版THETA!720度の映像が撮影出来るSJCAM 360+ Plus

こんにちは、Tairaです。SJCAMからSJCAM版THETAというべきカメラが出てきました。フロントとリアにカメラを搭載したSJCAM 360+です。SJCAM360のマイナーチェンジ(姉妹)モデルです。

どんなカメラ?

Quoted from ChinaGadgetReviews

本体の前後にカメラを配置し、720度(左右360度+上下360度)を一度に撮影出来るカメラです。近日発売ということ以外は情報がほとんどないのですが、イメージセンサーは2つ搭載しているようです。いさぎよいほどRICOH THETAをオマージュしています。オマージュ。

本体前部にはバッテリー残量や撮影時間を表示する液晶ディスプレイとシャッターボタンがあり、大容量の1700mAhのバッテリーを搭載しています。10mのWiFi接続も可能となっています。

またSJCAM 360+の発売に合わせて新しくリリースされるスマホアプリのSJCAM Pano(iOS/Android対応)を使用することで、Facebook、Youtubeなどで360度の動画をアップロードができるようです。

本体写真など

背面にあるカメラと側面のマイク用と思われるスリット。映像だけではなく音声も360度サラウンドで録音可能です。側面にはMicroUSB端子を搭載しています。

本体のデザインはスッキリしていてシンプルで格好良いですね。野暮ったさは全くないです。


Quoted from ChinaGadgetReviews

 

バッテリーは取り外しが可能で1700mAhと大容量です。普通のアクションカムの1.5倍~2倍ですね。センサーとレンズが2つあるので消費電力も大きいと思いますが、通常のアクションカムと同じくらい(1時間強)は撮影出来そうですね。バッテリーがすぐ交換出来るのも使い勝手が良さそう。

バッテリーの下側のところにMicroSDのスロットがあります。対応ビットレートや解像度などのスペック情報が出てきたらまた記載したいと思います。

Quoted from ChinaGadgetReviews

本体の底部には三脚穴があり、小さな三脚も付属しているので撮影用グリップとして使用することができます。本体の正面にはシャッターボタンがあります。電源ボタンは側面についています。値段に関する情報は全くないのですが、200ドル前後でしょうか。

Quoted from ChinaGadgetReviews

昔のガラケーのようにストラップをつけられる穴が正面向かって右下についています。重さは大きさから推測するに100g~150gだと思います。細長い形状もあってポケットに入れて簡単に持ち運べそうですね。

Quoted from ChinaGadgetReviews

Youtubeの動画を観ると、つなぎ目もほとんど違和感がなく、720度の動画が綺麗に撮影出来ていることがわかります。

GoProから始まったアクションカムに続いて次は360度カメラがトレンドになりつつありますね。賛否両論はあると思いますが中国メーカーの試行錯誤(製品化)の速さと、良いものはどんどんマネしていく潔さは相変わらずすごいと思います。やったもん勝ちを恐ろしい貪欲さとスピードで実践している。ガジェット情報を追いかけていてもパワーというか勢いを感じます。

そんなスピード感でSJCAM360+の続報もすぐに出てくると思うのでまた書きたいと思います。記事をお読みいただき、ありがとうございました。

Source:ChinaGadgetReviews