Xiaomiの新ラインナップカメラ MIJIA Compact 4K Camera

こんにちは、Tairaです。Xiaomiから新ラインナップのカメラが登場しました。MIJIA Compact 4Kというカメラで、すでに公式サイトのMi Mallから購入することができます。

MIJIA 4Kってどんなカメラ?


Quoted from Mi Mall

4K@30fps撮影が可能でコンパクト、かつ105ドルという低価格なカメラです。サイズは71.5mm×42.7mm×29.5mmで、重量は99gとコンパクトながら背面に2.4インチタッチスクリーンを搭載しています。

センサーはSony IMX317、チップセットはAmbarella A12S75で、先日お伝えしたGitup F1と同じです。視野角は145度となっています。写真解像度は3840×2160ピクセルです。動画4K@30fpsですが、6軸の手ブレ補正(3軸ジャイロ+3軸加速度センサー)で安定した動画が撮れるようです。

省電力性もなかなかものです。4K動画で約2時間、1080pのFullHD動画であれば約3時間の連続撮影が可能です。WiFiとBluetooth対応、SDカードは64GBまで使うことができます。

そもそもMIJIAって何?

Xiaomiがスマートエコシステムとして展開しているブランドです。「生活習慣とライフスタイルを驚くような方法で自動化する」というコンセプトのもと家電製品や家具を各種リリースしています。掃除ロボット(Xiaomi版ルンバ)や360度のアクションカム、WiFiルーター、電気ケトル、Bluetoothスピーカーなどなど。Xiaomi版無印良品といったイメージでしょうか。製品ラインナップをご覧になりたい場合はXiaomi.euの通販サイトがわかりやすいと思います。

MIJIA Compact 4KカメラはMi 4K+のようにがっつり高画質な動画を撮影するのではなく、遊びに出かけた先や旅行で気軽に撮れる低価格なアクションカム(というよりもコンパクトビデオカメラ?)という感じですね。公式サイトをみると水中用ハウジングも用意されているようです。


Quoted from Mi Mall

MIJIA 4Kのスペックまとめ

センサー:Sony IMX317
チップセット:Ambarella A12S75
ディスプレイ:2.4インチタッチスクリーン
レンズ:視野角145度、F2.8
写真解像度:3840×2160ピクセル(4K)
動画:4K@30fps、1080p@100fps、720p@200fps
手ブレ補正:6軸手ブレ補正(3軸ジャイロ+3軸加速度センサー)
バッテリー:1450mAh
WiFi:あり
Bluetooth:あり
記録メディア:MicroSDカード(Max64GB)
サイズ:71.5mm×42.7mm×29.5mm
重量:99g

Xiaomiはmi 4K+で高価ハイスペック路線に振って来たのでエントリーを担うモデルでしょうか。値段の安くて手を出しやすいのは魅力ですが、ハイエンドスマホの動画撮影とどこまで差別化が出来ているのか少し気になります(もちろんMIJIA Compact 4Kで撮影するほうが綺麗に撮れると思います)。まだYoutubeには動画が公開されていませんでした。いずれレビューやテスト動画も増えてくると思うので、引き続き情報を追いかけてみます。最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございました。

Source:Mi Mall, Gizchina