プラントロニクスからワイヤレスヘッドホン/イヤホンが登場

こんにちは、Tairaです。プラントロニクスからBluetoothワイヤレスヘッドホン&イヤホンが出てきました。いずれもフィットネス向けで、ヘッドホンのBlackBeat FIT 500とイヤホンのBlackBeat FIT 300です。

BackBeat FIT 500


Quoted from Digitaltrends

BackBeat FIT 500はワイヤレスのヘッドホンです。P2iというミリタリーグレードの撥水ナノコーティングがヘッドホンの表面に施されており、汗や湿気を弾いてくれます。トレーニング中はもちろん雨の日でも安心して使うことができます。

駆動時間は長めで満充電で18時間の連続稼動が可能です。DeepSleepという省電力モードがあり、使用していないときにはバッテリー消費を抑えるようになっています。またもしバッテリーが切れてしまっても、有線で通常の3.5mmヘッドホン端子に繋ぐことも出来るので全く心配なし。


Quoted from Plantronics

音質も良さそうです。ヘッドホンのドライバーは40mmと出先で使うにはほど良いサイズ。デザインもシンプルでスッキリしていて格好良いですね。

BackBeat FIT 500の価格は100ドルで、カラーは写真のダークグレーの他、グレー(イヤーパッドがライトグリーン)、ホワイトの三種類です。

BackBeat FIT 300


Quoted from Digitaltrends

イヤホンタイプのBackBeat FIT 300はAirpodのように左右が分離している訳ではありませんが、ケーブルの間にクリップがついておりシャツに留めることが出来ます。ランニングのような有酸素トレーニングだと動き回るので、分離型よりもシャツに固定出来るほうがメリットは大きいと思います。

IPX5準拠の防水性・防汗性+ミリタリーグレードの撥水ナノコーティングが施されているらしいので、先のFIT 500より水には強そうですね。IP5準拠は「内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から12.5L/分の水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有すること」となっています。

一回の充電で6時間の使用が可能で、マイクが内蔵されているのでSiri/Google Nowの音声コントロールや通話が可能です。

BackBeat FIT Boost


Quoted from Digitaltrends

新モデルではないのですがBackBeat FITシリーズにはBoostはフィット性が高いモデルもあります。ランニングなどの有酸素トレーニングに一番向いてそうですね。IP57準拠の防水性(水深1mに30分間沈めても浸水しない)+ミリタリーグレードの撥水コーティングということで今回の3モデルの中で最も水に強いモデルとなっています。防水性能が低いと耳に流れ込んだ汗ですぐに壊れてしまうのですが、FIT Boostであれば安心して使えそうですね。

バッテリー駆動時間は満充電で8時間となっています。また首の後ろのバンド部分(写真のバーコードのような柄のところ)が反射素材が使われているとのことで夜のランニングにも役立ちそうです。車を運転しているときに夜道を走るランナーを見るとよくわかるのですが、夜道を走るランナーは本当に見えづらいので、少しでも反射素材があるとありがたいです。なお価格は3モデルの中で一番高く、160ドルとなっています。色はグレー、ブラック、ブルー、ピンク、グリーンの5色です。

BackBeat FIT 500/300はプラントロニクスのオンラインサイトやAmazonで販売開始の予定です。(追記:日本ではBackBeat FIT 500は BackBeat 505という型番ですでに購入可能でした。Boostも購入可能です。FIT 300はまだ販売していないようです。)デザインが格好良く、性能も良さそうなので気になりますね。最後までお読みいただきありがとうございました。

Source: Digitaltrends, Plantronics