サムスンの新ミドルレンジスマホ Galaxy C8が登場

こんにちは、Tairaです。サムスンからミドルレンジモデルのGalaxy C8の情報が出てきました。Galaxy Note 8、Galaxy J7+に続く3つめのデュアルカメラ搭載のスマートフォンです。

C8について


Quoted from Gizmochina

Galaxy C8は先に発表された7J+と基本的には同じ端末ですが、細部の仕様が若干異なります(ターゲットとする国/マーケットのため)。とはいえ背面カメラのレンズ配置やフルメタルのボディなど、見た目はほぼ同じですね。

C8はRAM3GB/ストレージ32GBとRAM4GB/ストレージ64GBモの2モデルがラインナップされる予定です。ストレージについてはmicroSDで256GBまで増設可能です。ミドルレンジながら顔認証によるアンロック機能が搭載されます。ただ音声アシスタントのBixbyについては非搭載(J7+は搭載とのこと)となります。価格については現在のところまだアナウンスはありません。


Quoted from Gizmochina

特徴的な機能としてDual Photoモードがあり、撮影後でもピント合わせる位置を変更することが出来ます。ディスプレイは5.5インチのFull HD Super AMOLEDディスプレイ、SoCの型番は非公開ですが、1.69GHzオクタコアのものが搭載されます。デュアルSIMにも対応しています。

カメラは背面がデュアルカメラで13MP+5MP、前面カメラは16MPとなっています。セルフィー重視で背面より前面カメラのほうが画素数が大きいモデルが増えてきましたね。3.5mmヘッドホン端子もサポートされており、バッテリーは3,000mAhと大きめです。カラーバリエーションはブラック、ゴールド、ローズゴールドの三色の予定です(7J+も同じ)。

スペックまとめ

C8のスペック

ディスプレイ:5.5インチ Super AMOLED 1920×1080ピクセル
SoC:1.69GHz オクタコア
RAM:3GB/4GB
ストレージ:32GB/64GB(microSDで256GBまで増設可)
カメラ:背面13MP+5MP、前面16MP
バッテリー:3,000mAh
その他:指紋認証センサーあり

J7+のスペック

ディスプレイ:5.5インチ Super AMOLED 1920×1080ピクセル
SoC:2.4GHz オクタコア
RAM:4GB
ストレージ:32GB
カメラ:背面13MP+5MP、前面16MP
バッテリー:3,000mAh
サイズ:152.4mm×74.7mm×7.9mm
その他:指紋認証センサーあり

サムスンは本当に隙間なくモデルをラインナップしてきますね。それだけ市場が大きいということでしょうか。ミドルレンジのスマートフォンはとにかくメーカーと製品の数が多くて、スマートフォンのトレンドを把握するために参考になります。今だとセルフィー用に前面カメラのスペックアップだったり、ベゼルレスディスプレイだったり、3.5mmヘッドホン端子搭載継続だったり。

コストとの兼ね合いで「何を搭載して何を削るか」という取捨選択が難しいと思うのですが、各メーカーが搭載する機能は概ね似てくるのが面白いところです。メインストリームのスマートフォンユーザーが何を求めているか、情報を追いかけることで知ることが出来ると思います。最後まで記事をお読みいただきありがとうございました。

Source:Gizmochina, Gadget360