作成者別アーカイブ: Taira

低価格な三軸ジンバル Zhiyun SmoothQを買いました。

Zhiyunの三軸ジンバル、SmoothQを買いました!安くて、性能が良く、質感も良いという期待を裏切らない三軸ジンバルです。嬉しく仕方がないので今後どんどん動画を撮影していきたいと思います。

Zhiyunって何?

Zhiyunは中国の三軸ジンバルメーカーです。2015年の1月のCP+ Camera & Photo Imaging Show 2015で初めてのジンバルをリリースしたばかりの若い会社で、アクションカムやスマートフォン、デジタル一眼レフ用のジンバルを設計・製造しています。

SmoothQって何?

Zhiyunの第五世代の三軸ジンバルです。三軸ジンバルを使うとスマートフォンなどで動画を撮影する際に手ブレのないスムーズな動画を撮影することができます。今までこうした製品は$300以上するものが多かったのですが、SmoothQは実売価格が$150~200と比較的財布に優しいジンバルです。

どんな映像が撮影できるの?

下のような映像が撮影出来ます。SmoothQとiPhoneだけで撮影した動画です。手ブレのない動画が簡単に撮影可能です。撮影前に本体にカメラをセットしてバランスを取る作業(取らないとモーターに負担がかかり熱を発してしまいます)が必要になりますが、そのセッティングもとても簡単です。


続きを読む

香港旅行で利用して良かったChinaUnicomのツーリストSIM

今年の上旬に香港旅行に行ってきたのですが、そのときに使用したお勧めのツーリストSIMカードの紹介です。

ビクトリア湾の夜景。シンフォニーオブライツを見に来たのですが、あいにくの曇り空。

香港ディズニーランド。小雨の影響もあって人が少なく、今年出来たアイアンマンエクスペリエンスもすぐ乗れました。

香港旅行でツーリストSIMは必要?

ガイドブックや旅行サイトで「香港は街中にFreeWiFiがあるので、ネット環境は大丈夫」という記事を沢山読んではいたのですが、実際の感想から言うとツーリストSIMとWiFiルーターを持っていって大正解でした。

その理由はGoogleマップがすごく役に立ったからです。香港旅行は初めてだったので右も左も分からなかったんですが、Google先生のおかげで道に迷うことはほぼ皆無でした。ほとんど日本の街を歩いているのと同じ感覚です。FreeWiFiの場合だと少し歩いては接続先を探さないといけないので、もっと大変だったんじゃないかなと思います。

使用したツーリストSIM

今回はChinaUnicomの「香港 マカオ 7日間 データ 使い放題 上網 / SIMカード」を使いました。理由は出発前に日本のAmazonで買えたからです。データ通信専用ですが、上限が1GBで1000円以下とずいぶん安く入手出来ました。

使用した機器

今回持っていたルーターは手元にあったイーモバイルのPocketWifi GP01。ドライバをver3.0にしてSIMフリー化しています。5~6年前にイーモバイルのアウトレットセールで買ったまま眠っていたものです。3Gで下り最大21MbpsのWiFiルーターで、4GLTEが主流の昨今からすると常用には少し遅いかもしれませんが、旅先で使うには十分な性能でした。本当はiPhone7にそのままツーリストSIM差したかったんですが、Softbankで機種変更したばかりでSIMロック解除が間に合いませんでした。

懐かしのイーモバイルのPocketWiFi GP01。購入6年目にして初使用でしたがいい仕事してくれました。

事前に日本で設定したAPN設定

APN 3gnet
ユーザー名 未設定
パスワード 未設定

設定はこれだけです。香港国際空港についてルーターの電源をオンにした瞬間にネットに繋ぐことが出来ました。速度も10Mbps近く出ていて遅さは全く感じませんでした。データ容量について、ホテル滞在中はホテルのWiFiが使えたので3泊4日では1GBで不足を感じることはありませんでした。

HolyStoneの 手のひらドローンHS170を買いました。

HolyStoneの手のひらドローンHS170を買いました。部屋の中でも気軽に飛ばせるトイ・ドローンです。

HolyStoneの公式サイトによると中国で2014年に設立されたトイ・メーカーのようです。高品質な製品を低価格で提供することを謳っており、日本での営業活動にも積極的なようです。日本では技適問題と切っても離せないドローンですが、HolyStone製品は日本の技適の認証を受けています。また公式サイトには他社の模範となるようなサービスを提供すること約束すると記載されていてカスタマーサービスにも力をいれているようです。

Our Service Commitment: Holy Stone is 100% committed to providing its customers with exemplary service and
the best overall shopping experience.

メーカーのお決まり文句と言ってしまえばその通りなのですが、Amazon.co.jpのレビューを見ると不良品の交換対応や発送などアフターフォローは非常に充実しているようです。製品には日本語のマニュアル(訳は少し怪しいですが)も付属していました。

白いプロペラがある手前側が進行方向です。

実売5,000円位の製品なので当然おもちゃ感はありますが、機体デザインは精悍でなかなか格好良いです。飛行中は機体の前後に青と赤のLEDが点灯するのも良い感じ。青が進行方向です。

実際に飛ばしてみると、めちゃくちゃ難しかったです。機体が軽いのと高度維持機能などはついていないので常に操作して微調整をしてやらないと、天井か壁に一直線に飛んでいきます。動きも意外と俊敏なので油断すると結構な勢いで突っ込んでいきます。エアコンの風にも流されます(笑)

そんな機体なのでドローンの練習には最適だと思います。数日間練習して段々と飛ばせるようになりました。DJI SPARKやPhantomなどの高価なドローンを買う前に練習機として使うといいんじゃないでしょうか。部屋の中ならいつでも飛ばせるのも良いです。

機体は割と頑丈です。あと下の画像のように機体下部の足にRがついており柔軟性があるのでショックアブソーバーの役割を果たしてくれます。真下に落ちる分は割と衝撃に強そうです。あとプロペラは引っ張るとスポッとすぐ抜けるのですが、これも衝突時の衝撃を逃がすことに役立っているようです。ただその分プロペラはどっかに飛んでいったままなくしやすいので、予備プロペラは用意しておいたほうが良いと思います。買って二週間程ですが、すでに二本なくしてしまいました。(部屋のどこかの隙間に落ちてるはず)

ショックアブソーバーの役割を果たす足

後部はバッテリーと接続ケーブルがむき出し。一回の飛行時間は7分~8分位だと思います。ぶんぶん飛ばしているとすぐバッテリー切れになる感じですね。バッテリーの充電に時間がかかるので、予備バッテリーは必須です。純正より安いロワジャパンの互換バッテリーを買いましたが、特に問題なく使用出来ています。ロワジャパンのバッテリーはデジカメのLumix LX100でも使用していますが、低価格の割に高品質なので愛用しています。

機体に電源スイッチはなく、バッテリーのコネクタを接続すると電源オンになります。

この機体の欠点を言うとすると、ドローンの楽しさに気づいてより高価なドローンが欲しくなってしまう点でしょうか。

 

Gitup Git3の型番はG3 DuoでGPS内蔵

7月6日付のGitupのFacebook公式ページにEXIFの画面が掲載されていました。

以前、Actioncam ItaliaというサイトでGit3はフロントカメラとインカメラのデュアルカメラになるという情報がありました。その後Gitupの公式Facebookページでシェアされていたので信憑性の高い情報だと思っていたのですが、今回のEXIFにはそれを裏付けるようにG3 Duoという型番が記載されています。

またGPS搭載であることと4Kネイティブではないことが公式からアナウンスされました。ミドルクラス以上の中国製アクションカムはSony IMX117センサー、Ambarella A12S75チップセット搭載で4Kネイティブが多い(SJ7Star、T5eなど)ので、人によってはマイナス評価かもしれません。

G3DuoのEXIF情報。画像をクリックするとGitupのFacebookページに飛びます。

上記のActioncam ItaliaによるとG3 Duoは、センサーはソニーのIMX117、プロセッサはNOVATEK NT96660かNT96680搭載、タッチスクリーン搭載、サイズはGit2と全く同じのようです。Git2と完全互換サイズは個人的には嬉しい仕様です。本体サイズが同じということはバッテリーもGit2のものがそのまま使えるかもしれません。

またデュアルカメラ搭載のアクションカムというのは市場にない(あるいはほとんどない)ので、ユーザーがとう評価するか楽しみですね。私個人の意見としては、デュアルカメラは面白いと思いますが、4Kネイティブではないのがちょっと痛い。ただGitupのアクションカムは手ぶれ補正が秀逸なので、G3 Duoでもそれが引き継がれていれば魅力的な製品になると思います。

GoProが作り出したアクションカム/ウェアラブルカメラ市場ですが、個人の意見としては市場の拡大には中国製アクションカムの功績が大きいと思います。GoProだと4万~5万円するものが、中国メーカーの製品にするとほとんど同じ性能で2万円以下で入手できる。

先日、新潟の白馬五竜スキー場に行ったときも中国製のアクションカムを持った方がを多く見かけました。白馬はオーストラリア人が多く訪れるのですが(時差の少なさと料金の安さで、日本は訪問しやすい国だそうです)、その方々にも中国製アクションカムをヘルメットに付けている方が沢山いました。GoProからするとライバルメーカーの増加で厳しい状況なのかもしれませんが、一ユーザーからするとそれだけ安くアクションカムを入手出来る状況になっていると思います。

アクションカムにしても、ドローンにしても、スマートフォンにしても中国メーカーは本当に勢いがあるので、Gitup(やThieye、SJCAM)の新製品を楽しみにしたいと思います。

新潟の白馬五竜スキー場へ一泊二日でスノボに行ってきました。

今年の3月に学生時代からの友達と白馬五竜スキー場へ行ってきました。シーズン下旬で気温もやや高めでしたが、雪質は良い感じでした。

予算を抑えるために学生時代以来のビッグホリデーのバスツアーで行ってきました。東京から新潟まで片道5時間かかるということは事前に調べて行きましたが、実際に行ってみるとやっぱり遠かったです。がっつり寝て、前もってiPhoneにダウンロードしておいたAmazonプライムの映画一本観てもまだまだ着かない。あと最近のバスツアーはFreeWiFiがあるんですね。知らなかった。(ただちょっとスピードが遅くて使用には我慢が必要でした。)

今回もGit2を持っていきました。Git2の手ブレ補正は秀逸で、3軸ジンバルを使わなくても滑らかな映像を残してくれます。今回は1080pの60fps、EV+1(こうしないと雪景色のゲレンデだと晴天でも暗く映ってしまいます)、ビットレートをHigh、手ぶれ補正ONにしてあとは全部Autoで撮影しています。バッテリーは予備を含めて4個+別途iPhone用のモバイルバッテリーを用意しましたが、3個あれば、モバイルバッテリーで充電するバッテリーと、撮影用のバッテリーと、待機用のバッテリーでローテーションを回せるので十分一日中撮影出来ると思います。

あと前回は撮影の度にGit2+自撮り棒をボディバッグから出し入れしていたのですが、とても面倒なのと撮影チャンスを逃すことが多かったので、今回はカラビナを買ってベルトからぶら下げるようにしました。これだと数秒で撮影開始出来るので良かったです。転んだら危ないかなと思いましたが、特に問題なく使用できました。(※沢山転んでます)

泊まったのはプチホテル ぴー坊というペンションで、ビッグホリデーと提携しているペンションのようです。ペンションは当たり外れも多いとは思いますが、オーナー一家に色々とお気遣いをいただいたので気持ちよく滞在出来ました。あと近くに呑者屋(のんじゃえ)という蕎麦屋(なのに夜はジンギスカンが出る)があり、店の名前だけで選んだら料金は安くて味も良かったです(笑)

   

ガーラ湯沢スキー場へ日帰りスノボに行って来ました。

先月、友達とガーラ湯沢スキー場にスノボに行って来ました。初めてのガーラ湯沢。新幹線の駅にゲレンデが直結しているのがこんなに便利だとは思いませんでした。新幹線の駅とゲレンデをくっつけてしまうという発想がすごいですね。バブル期にしか出来ない発想。

ガーラは外国人のスキーヤー&スノーボーダーが多かったのが印象的でした。最近はどこのゲレンデに行っても人が少ないことが多いので、寂しい限りでして。リフトの待ち時間が少なくて嬉しい反面、ゲレンデの経営面から心配になることも多いのですが、その点ガーラは心配なさそう?

そして初ガーラ、楽しかった!雪質は良好、天気も良かったので気持ち良く滑れました。帰りも新幹線で快適に熟睡出来るという。

それにしてもやっぱりスノーボードは楽しいですね。数年間のブランクがあったんですが楽しさの余りスノボ熱が再燃してきました。

 

東京の北千住にあるシティカートでカートに乗って来ました。

Git2の夜間動画テストを兼ねて、東京の北千住にあるシティカートで友達とカートに乗って来ました。学生時代にしていたバイトが自動車関係だったので、その当時から付き合いが続いている車好きの友達と何年かに一度のペースで行ってます。

このレンタルカート、出力で言うと7PS(5.1Kw)で最高速度は約60kmだそうなので、性能的には原付スクーターと同じですね。傍からみてると正直そんなに迫力は感じないんですが、実際乗ってみると想像以上にハードです。

まずパワステがないのでハンドルが重い。びっくりするくらいに重い。10分も走ったら腕に力が入らなくなるくらいになります。次にドライバーの目線が低いので実速度は約60kmでも速い。びっくりするくらいに速い。体感速度120kmなんてスタッフの方がおっしゃってましたが、本当にそれ位に感じます。さらに横Gもすごい。上の映像を見ていただけるとわかるのですが、遠心力で右に左に身体が持っていかれるので身体を支えるのも一苦労です。感覚的には車よりバイクに近い。

今回は参加人数の関係で通常のレンタルカート体験だったんですが、人数が集まればサーキットを一時間単位で貸し切ることが出来るので、予選と本選の2パートに分けてレースをするとすごく盛り上がります。また行きたい。近いうちに行って来ます。

書評:リズ・マレー「ブレイキング・ナイト ホームレスだった私がハーバードに入るまで」

ニューヨークのサウス・ブロンクスで薬物中毒な両親の元に生まれ、生活費は月数百ドルの生活保護のみ。なにせ両親は薬物中毒なので僅かな生活費も麻薬に消えていく。やがてアパートの家賃の滞納が続き、ついに一家はホームレスに。そんな最悪の状況から名門ハーバード大学へ進学したリズ・マレーの嘘のような人生のお話。

「どん底からの逆転劇」というストーリーはよくあるけど、もしこの話がフィクションだったら設定が陳腐すぎてきっと面白くなかった。彼女に足りないのは成績ではなく、今日の食事だったなんていかにもな設定ですよね。

両親の薬物中毒の為に、リズが接点を持つ薬物依存症の支援グループがラインホルド・ニーバーの言葉をスローガンに掲げています。

ニーバーの祈り
神よ
変えることのできるものについて、
それを変えるだけの勇気をわれらに与えたまえ。
変えることのできないものについては、
それを受けいれるだけの冷静さを与えたまえ。
そして、
変えることのできるものと、変えることのできないものとを、
識別する知恵を与えたまえ。
引用元:Wikipedia – ニーバーの祈り

推測ですが支援グループがこの言葉をスローガンに掲げている理由は、薬物依存症は貧困に喘ぐ層に多いことから「過酷な生活は変えられないかもしれないがそれは冷静に受け入れ、それでも勇気を持って薬物に逃げることを辞めよう」と訴えたいからだろうと思います。

もし私が彼女と同じ状況にあったら「変えられない現実を冷静に受け入れる」という部分だけを絶望と共に眺めていたはず。でも彼女はそうしなかった。彼女は自分の置かれた状況を変えられるものと考えた。

母親の死をきっかけに、悲惨な生活から抜け出すため高校へ進学することを決意するリズ。興味深いのはこのときはリズ自身もハーバード大学なんてまだ夢にも思っていなかったことです。ただ「学校に行けばなんとかなる」という思いで、最初の一歩を踏み出した。

そこからリズはひたすら努力を重ねます。学費を稼ぐために身を粉にしてアルバイトをして、学費を抑えるために本来4年間のカリキュラムを2年間で終わらせようと猛勉強。飛び級で卒業するために猛勉強したことで成績が学年トップになって、初めてハーバードという大学を意識します。でもこの時になってもまだリズにとっては「そういう大学がある」というだけの認識で、ハーバードどころか大学進学さえ意識出来ない。だってリズには大学の学費が払えないから。でもそこから…。

私はP.442~P.443がこの本のクライマックスだと思います。リズは自分の人生を変えられるものと信じて勇気を持って行動し続け、自分に出来ることを全てやった。そして仮にその結果が悪いものであっても冷静にそれを受け入れる決意をした。リズにとって変えられないものとは、自分の意志に関係なく与えられた悲惨な生い立ちではなく、自分の意志で出来ることを全てやり尽くした上での結果のことだったんですね。

書評:マルクス・アウレリウス「自省録」

今で言うところのTwitterのつぶやきまとめ。主張は一貫していて「人生は短いのだから、つまらぬことに不満を抱くことなく、ただ善き行いをせよ」と。

不満を抱く対象として人間関係に繰り返し言及していたのは面白かった。今も昔も人間の悩みのタネは変わらないですね。

誰かに自分のことを非難されたとしても、逆に自分が誰かの欠点に不満を抱いたとしても、前者は自分の解釈次第だし、後者は自分もまた欠点を持っているのだから気にしてはいけない。ただ自分が善き行いをすることに専念すべし、というのが哲人マルクス先生の主張。

それを実践するのが難しいから苦労してるんですが…と思ったけど、誰かに見せることを考慮していない自省録の中でこのことが繰り返されている辺り、かの哲人マルクスも人間関係に苦しみもがきながら何度も自分に言い聞かせていたのかもしれないですね。そう考えるとそのひたむきさに励まされる。

2011ウィンターシーズン滑り納め at 軽井沢プリンスホテルスキー場

大晦日の今日、軽井沢プリンスホテルスキー場へ2011年滑り納めで行って来ました。
スノーボードを初めて三シーズン目、初めての軽井沢プリンスホテルスキー場です。

軽井沢プリンスホテルは広い。

スキー場単体で広い、というより、軽井沢プリンスショッピングプラザと軽井沢プリンスホテルと軽井沢プリンスホテルスキー場が一つの敷地に併設してあるので、全体として広い。
車で初めて行く際は少し気をつけたほうが良いと思います。
ロクに下調べもしないで行ったせいで、軽井沢プリンスホテルの敷地内で30分位車でぐるぐるしてました。

コースは上級コース以外は全てオープン。積雪約80cm。
アイスバーンではないけど、だいぶ固い雪面でした。
軽井沢プリンスホテルはファミリーがとにかく多くて、初心者コースは大混雑。

スキーヤーとボーダーの比率はスキーヤー8のボーダー2ぐらいで、ボーダーは肩身が狭い。
もともとスキーヤーが多いゲレンデなのかな。
スキーとスノーボードはターンのリズムが違うので、混雑してる中を滑るのは割と冷や冷やでした。

コースはどれも短いので、長距離を飛ばすのが好きな人は不満が溜まりそう。
軽井沢プリンスホテルスキー場は完全にファミリー用ゲレンデという趣ですね。

とはいえ近くにアウトレットモールもあるし、泊まりで行けば二日間遊び通せそうなゲレンデでした。
東京方面から車で行きやすいのも良いです。ただインター降りてから山道を少し走ることになるので、スタッドレスは必須です。

そんな滑り納め。来年何回ゲレンデに行けるかなー。