作成者別アーカイブ: Taira

フォルクスワーゲンのCM : The Force

気になったCM。小さなダースベイダー卿が必死になってフォースを使おうとするも、なかなか上手くいかず…。

上手くフォースが使えなくて悩むちっちゃいベイダー卿がかわいい。大人から見たら笑っちゃうような光景でも、当の本人は真剣なんですよね。世代によって違うだろうけど、僕が小さい頃は男の子全員がドラゴンボールのかめはめ波は撃てるものだと思ってたし。そして、ちょっと年を取って(大体中学生くらい)「何も知らずに、馬鹿なことやってた」と気付いて、恥ずかしさにえらく悶絶する。

年を取るに連れて、想像力をフルに働かせて好奇心の赴くままに行動するのが少しずつ難しくなってくる。腰は重くなるし保守的になるし。当たり前なんだろうけど。ただ時々思うのは、もっと年を取ったときに「(あの時は、自分がまだ若いということを)何も知らずに、(行動しないという)馬鹿なことをやってた」と、後悔しながら思うことがあるんじゃないかなーと。

その年齢でしか出来ないことを経験していって、良い年の重ね方したいですね。
で、年を重ねたら重ねたらで、

No! No different! Only different in your mind. You must unlearn what you have learned.
(違わない!お前が違うと思い込んでるだけだ。学んだことを捨てるのだ。固定観念を捨てろ。)

というマスター・ヨーダの教えを都合よく仰ぎたい(笑)

気になったCMでした。

MotorolaのBluetoothヘッドセットHK200の感想

車を買ってから運転中に使えるBluetoothヘッドセットが欲しかったので、先日モトローラのHK200を買いました。Amazonでやたら評判の良い(良すぎてレビューの工作員疑惑まで出ている)モトローラで一番安いモデルです。

一ヶ月ほど使ってみたので、ざっくり感想をまとめます。まずマルチペアリングとマルチポイントの違いをメモしときます。

マルチペアリングとマルチポイントの違い

この二つの違いは「マルチペアリングは複数のBluetooth機器情報を登録出来る機能。マルチポイントは複数のBluetooth機器の同時待ち受けが出来る機能。」ということです。

つまり、マルチペアリングは複数の機器を登録出来るだけで、Bluetooth携帯二台の同時待ち受けとかは出来ません。毎回毎回切り替えてやる必要があります。安い機種でもマルチペアリングは当たり前のようについてますが、マルチポイントは上位機種じゃないと付いていないようです。差別化のためかな。便利そうだもんね。

で、HK200の感想に戻ります。

良いところ

  1. 安い
  2. 小さくて軽い
  3. 音質が良い

悪いところ

  1. プラスチック感全開
  2. マルチポイントが出来ない
  3. 音楽が聴けない

こんな感じです。
良いところの1つめ、安いこと。モトローラの名前を冠していて、Amazonで2835円。他の廉価Bluetoothヘッドセットも同じくらいの値段で売ってますが、通信機器で名の通ったモトローラ製品がこの値段が買えるのは魅力です。

良いところの2つめ、軽いこと。びっくりするくらい軽いです。HK200に限ったことじゃないとは思いますが、小さくて軽いので付けていることを忘れちゃうほど。耳に付けたまま「あれ?ヘッドセットどこだっけ?」なんてことも割と普通にあります。メガネかけてても全然痛くない。これ、ちょっと感動しました。

良いところの3つめ、音が良いこと。上位機種と比べたら、「値段の割には」という枕詞がつくんでしょうけど、実用上は問題ないくらい音が良いです。電話の相手からも「声が聞き取りづらい」と聴いたことがないので、マイクの性能もなかなかだと思います。


・本体下部にあるスライド式パワースイッチ。ちょっと固い。

逆に悪いところの1つめ、プラスチック感全開なこと。質感は安いっぽいです。細かいすり傷もあっという間についちゃいます。とはいえ値段が値段だから仕方ないですね。軽さには貢献してると思います。

悪いところの2つめ、マルチポイントが出来ないこと。仕事用携帯とプライベート用携帯を同時に待ち受け出来なくて、ちょい不便です。

悪いところの3つめ、音楽が聞けないこと。Bluetooth機器で音楽を聴くにはA2DPという方式に対応している必要があるんですが、このHK200は対応してません。通話専用です。ついでにiPhone用Skypeでも使えないので注意が必要です。(これはSkype側の問題のようです。)


・本体後部にある充電用コネクタ


・マイク部は白くなってます。だいぶ目立つ。

結論

で、結論としては「損はしないBluetoothヘッドセット」でした。モトローラブランドが付いていて、値段が安い。音質も良い。小さくて軽い。面白みには欠けますが、エントリー機としては十分すぎるコストパフォーマンスを持つヘッドセットです。

PADIアドバンスド・オープンウォーターダイバーを取得しました

先日、静岡県伊豆の大瀬崎でダイビング講習を受けて、PADIのアドバンスド・オープンウォーターダイバーを取得しました。今までのオープンウォーターダイバーからステップアップです。

アドバンスドなんて言っても、僕はまだ潜った本数がライセンス講習を入れて二桁も行ってないペーパーダイバーです。一年に一回潜ってるかどうかくらい。

伊豆は定番ダイビングスポットの一つで、大瀬崎もビーチに行くとたくさんのダイバーが居ます。ビーチが小さいせいもあるのか、一般の海水浴客よりもダイバーのほうがずっと多い。ちょっとだけビーチの近隣施設に年季を感じるけど、魚がたくさん居る良いダイビングスポットでした。

海の中で呼吸が出来て、身体がふんわり浮く感覚というのはなかなか不思議なもので、ただ漂っているだけでも楽しいんです。もうちょっと潜りに行きたいなあ。

持ってて良かったiPhone

iPhoneユーザー増えましたね。電車に乗ると、車内の三分の一位の人がiPhoneを持っていたりして驚きます。

先日、今年還暦を迎えた父もiPhone4を買いまして。「使い方がわからないんだよー」なんて言いながら、嬉しそうに僕に報告の電話を掛けてきました。最初の内こそ戸惑ってたみたいですが、もともと機械好きな父なので、今は問題なく使いこなしてるみたいです。

仕事でずっとWindowsを使っていて、家でも自作PCを作っている生粋のWindowsユーザーの父に「アップルのインターフェイスってどう?」と聞いてみたら、「洗練されてる。さすがアップルという感じ。Macを好きになる人が居るのが頷ける。」という返事。ちなみに最初に入れたiPhoneアプリはSkypeだとか。

昨日、そんな父とそして母に会いました。カフェでお茶を飲んでるときに、話題が尾崎豊と息子の尾崎裕哉になりまして。尾崎豊ファンの母が「尾崎裕哉の歌声は聴いたことがない」というので、父と僕のiPhoneでYoutubeの動画を検索して、三人で聴いたんです。歌声を聴いた母は「似てるわねぇ、いいわねぇ」なんて言ってて。

父と同じケータイの話題で盛り上がって、母にそのケータイで動画を見せて、三人で話が盛り上がる。ケータイが家族の話題作りに役立ったことに、気持ちがほんわかしました。

父と僕が同じケータイを持つことが今までで初めて。こんな時間を過ごせたのは還暦の父にさえ欲しいと思わせたiPhoneの力かなと、「持ってて良かったiPhone」と思った土曜日の昼下がりでした。

TUNEWEARのカーボン調iPhone4用ケース、Carbon lookを買いました。

先日遂にiPhoneデビューを果たしました。いやー、便利ですね。iPhone。Dropboxに放り込んだデータを出先で見たり、Evernoteに思いついたことをどんどん書いたり、使い方を模索してます(笑)

iPhone4は前後はガラス、周囲はステンレスで包まれていて、ズシリとした重さのある本体と相まって、実際に手で触ってみると所有欲をくすぐる高級感がありました。そんなわけで「傷がついたら嫌だなー」と思ってしまう気持ちと、例の受信感度低下問題(本体左下にあるステンレスバーの繋ぎ目を手で塞ぐと、受信感度がみるみる下がってしまう問題)とが相まって、ケースを付けることにしました。

続きを読む

THIS IS ITを観てきました。

THIS IS ITを観てきた。マイケル・ジャクソンは、観る人と出演する人の両方から本当に愛されていた人だったのだと思う。

THIS IS ITを観ると、マイケルのライブに対する尋常じゃないこだわりが垣間見える。マイケルは音の高低、曲のテンポ、キューの出し方、余韻の”間”の作り方、照 明の当て方、演出の全てを自分で把握しようとする。音楽のことを誰よりも知っていて、演出の一切を妥協しない貪欲さと謙虚さが感じられた。マイケルのダンスの才能は言うまでもなくて、もはや「神に愛された」としか思えない。50歳となったマイケルには、確かに全盛期のキレはなかった。それでも、若くて才能溢れるバックダンサーの中に居ても、マイケルは色褪せていない。それは動作と動作の間の作り方、細かい手や顔の動きといった小さな要素、でもマイケルにしか出来ない要素がいくつもあるからだ。

マイケルは劇中で何度も「観客が求めているのは~」という言葉を繰り返す。観客が何を求めていて、どうやったら観客の要求を満たすことができるの か、それを考えることを常に忘れない。決して自分の才能に溺れたり、自己満足に陥ることなく、観ている人を満足させようとする優しさがあった。この優しさ こそが、マイケルが多くの人から愛される理由だと思う。

マイケルと一緒に踊っているバックダンサー達は、何千人もの候補者がいたオーディションを勝ち抜いてきた、超一流のダンサーだ。同じようにドラ マーもギターも、ディレクターも、衣装のデザイナーも超一流のスタッフばかり。彼ら一人一人だって、多くの人々から尊敬を集めるような人々なはず。そんな彼らでさえ、みな嬉しそうに「マイケルと一緒に仕事が出来て幸せだ」と言う。マイケルの一ファンだってことが伝わってくる。彼らが、その道 に進んだ動機は様々だと思うけど、世界最高峰のライブに関わることが出来るような実力を得るまでには、多くの苦労や困難があったのは間違いない。そして、 マイケルが何年間もそうした人々の目標であり続けたことも。

誰かに「あの人のようになりたい」と思われる人物は、それだけで、その誰かに困難を乗り越える勇気を与えている。観る人を満足させて、出演する人 に勇気を与えるマイケルが、人々から愛されるのは当たり前だよね。そのことは、劇中のとあるバックダンサーの言葉に現れている。

人生はつらいだろ。それでも前向きになれる何かを見つけたかったんだ。それが、これだ(THIS IS IT)

このダンサーにとってマイケルは、亡くなる前もこれからも、心の支えであるような気がする。

前向きな気持ちでいるには、強い意志が必要だけど、自分独りで意志を保ち続けようとすると、どこかで限界がくる。何かにすがったり、誰かに頼った りしながら、それでも皆生きている。それを弱さとは言わないと思う。観客にもスタッフにも愛されたマイケルのライブが見られないまま終わってしまったことが本当に悔やまれる。きっと素晴らしいライブになっていたはずなのに。

Nike+ SportBandの新バージョン

090918-nikesportband2
NikeからNike+ SportBand2が発売されてますね。今まではNike+を始めるには、iPodとNike+ Sports Kitが必要でしたが、これでiPod以外の音楽プレイヤーでもNike+が始められちゃいます。

前からずーっと「Nike+をやってみたい!」と思っていたんですが、iPodを使わなくなったので、Nike+を始めるには新しくiPodも買わないといけなくて、そうすると「初期投資が高いなぁ」となかなか始められなかったんです。そこに出てきたSportBandなので、もちろん期待しまくりです。

旧バージョンは液晶部分の不具合で発売中止になるというつまづきがあって、それはもうガッカリさせられたんですが、新バージョンではその辺りの不具合もバッチリ解消されているようです。というわけで、楽天のアートスポーツで注文しました。届くのが楽しみです。

NIKE+ 公式ブログ | 「Nike+ SportBand」で新しいランニングスタイルを楽しもう!

ベルボンの三脚Ultra Lux i Lを買いました。

愛用のCanon Kiss X3用に三脚を買いました。初めは「撮るのはスナップ写真がメインだから、当分はいらない」と思っていたのに、「三脚があれば夜景が撮れるかも、集合写真も撮りやすいかも」と欲しくなって、欲しくなったらAmazonを開いていて、気がついたら手元に!

090828-luxil-01

続きを読む

NIKE THE HUMAN RACE 10K 2009が10月24日に開催されます。

090729-nikehumanrace

Nikeが今年もやってくれます。10月24日に、山梨県本栖湖で世界の主要都市で同時開催のランニングイベント「THE HUMAN RACE 10K 2009」が開催されます。

昨年、日本では約8,000人のランナーが参加したようです。大会の目玉はレースの完走者だけが参加できる音楽ライブがあること。出演アーティストはまだ公表されていませんが、昨年は木村カエラさんやサンボマスター、HOME MADE 家族などが出演しているので、今年も期待できそうですね。

面白いのはnike+を通じて、本栖湖に行けないランナーもオンラインでレースに参加できること。遠隔地のランナーもレースに関われるのはnike+ならではの取り組みですね。nike+は、以前から「面白そうだなー」と思いつつやっていないのですが、engadgetによるとスポーツバンドの新モデルが発売されるそうなので、「始めるいい機会になる!」と期待してます。

マラソンの魅力の一つは、自分の能力の向上を実感しやすいことです。なので走行距離やタイムを記録しておくとモチベーションや楽しさを維持しやすい。nike+やJognoteはランナーの気持ちをよくわかっているサービスだと思います(笑)

8月3日よりnikeplus.comで大会のエントリーが出来ます。10kmならマラソン未経験者でも三週間強も練習すれば走れるようになるので、参加してみてはいかがでしょうか?

Nikebiz | 「THE HUMAN RACE 10K 2009」10月24日(土)、山梨県・本栖湖で開催決定