カテゴリー別アーカイブ: Gadget

iPhone for everybody.

090301-everybody

ソフトバンクがiPhone for everybodyというキャンペーンを2月27日より開始しました。内容は新スーパーボーナスでiPhone 8GBが実質無料となり、パケット定額フルの上限が4,410円になりました。簡単に言うと基本プランをホワイトプランにすれば、月々約5,700円でiPhoneが持ててネットも使い放題ということです。

ソフトバンクは中長期戦略として「モバイル・インターネットを制するものが、インターネットを制する」と掲げているので、スマートフォンの普及は達成したい目標の一つのはずです。その中でも知名度と希求力があり、戦略を打ち出しやすいiPhoneは販売拡大キャンペーン対象として最適な商品なんだろうな、と思います。次期iPhoneのウワサがちらほら出ているので、在庫一掃セールの意味合いももちろんありそうですけど。

孫社長はiPhoneを使い始めてから「PCに触れる時間が10分の1になり、ネットに接続する時間は3倍になった」と仰っていました。以前からインターネットを長時間使っていそうなイメージですが、今は起きている時間はほぼ全てネットに接続しているような状態ですかね・・・。ともあれ、いずれは多くの人がそういう状態になっていくでしょう。

つまり、スマートフォンは今後日本のケータイの主流となると思います。少なくとも今のケータイはスマートフォンに近づいていき、インターネットをより使いやすい端末に進化していくでしょう。制限の多いフルブラウザやモバイル/PCサイトの分離といったものが無くなっていくと思います。インターネットには誰もが認める便利さがあるので、それを「いつでも使いたい!」という要望はやはり多いはずです。

モバイル広告代理店のD2 Communicationsの藤田社長は「ケータイは24時間30cm以内にあるメディア」と言っていましたが、このケータイの部分はインターネットに置き換えられますね。

今をその過渡期だとすると、スマートフォンというビジネスユーザー向けのツールと、一般ユーザー向けのケータイの中間点をついてきたiPhoneはやはり画期的というか、非常に上手くバランスを取っているなぁと思います。次期iPhoneはどうなるか、楽しみですね。

iPhone for everybody | SoftBank

SPRINZ – SUPRATHERM

080105-supratherm.jpg

ガラスを使ったヒーター、SUPRATHERMです。全世界の工業製品を対象に優れたデザインを選出するドイツのデザイン・アワード”iF design award”でthe plus X Awardを受賞しました。壁に取り付けても彫刻品としても部屋のアクセントになるよ、とのこと。写真ではガラス表面に炎が印刷されていますが、それ以外にも風景や花の写真、デジタルデータも印刷出来るようです。(ドイツ語のサイトを機械翻訳で英訳して、それを和訳したので解釈が間違ってるかも。)

暖房器具って冬は欠かせないけど、デザインがいい暖房ってそう無いし、どうしても生活感が出てしまう。インテリアにこだわると暖房選びは大変だと思いますが、これなら逆に置きたくなりますね。カッコいい。家電製品はまず第一に機能があるから、ダサくても部屋に置かなきゃいけない場面がある。そんな中でユーザーに機能以外の理由(デザイン)で部屋に製品を置かせることが出来たら強いですね。暖房じゃないけどプラスマイナスゼロの加湿器はそんなデザインの典型例だと思います。

SPRINZ – SUPRATHERM

ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンを購入

ソニーのノイズキャンセリングヘッドホンを買いました。TOEICの勉強を本格的に始めて電車の中でリスニングCDを聞いているんですが、車掌さんの鼻にかかったようなアナウンスやら走行中の騒音やらでリスニングCDの内容がちっとも把握できない。BGMとして聞く音楽だとあまり気にないけど、リスニングの勉強なのに内容が聞き取れなかったら意味がない!というわけで、Amazonで一番売れていたMDR-NC22Bを購入。

で、実際に使ってみたらコレがすごい。ノイズキャンセルをオンにすると車掌さんが何言ってるかわからない位騒音が消える。電車の走行音とかは聞こえるけど、それもだいぶ軽減されている。リスニングCDの聞き取り易さがずっと良くなって、ぐっと集中出来る様になった。コードが長すぎて絡まり易かったり電池ボックスが大きかったり欠点もあるけど性能的には大満足。おーし、勉強するぞー。

PARKER – INSIGNIA

070203-insignia.jpg

PARKER – INSIGNIA

1888年に創立されたイギリスの筆記用具ブランド、PARKERのシャーペンと黒と赤のボールペンが一つになったマルチファンクションペンです。三本のペンが入っているとは思えない程に細く、しかも軽いです。ペン先もそれぞれ0.5mmと細いので小さなスペースでもメモを取りやすい。ボールペン部分の書き心地はインクの引っかかりがなくてとってもスムーズ。とってもサラサラ。シャーペン部分の書き心地はもちろん100円のシャーペンとまったく同じ。まったく普通。

ステンレスの手触りが良い感じです。これこそスタンダード、という様なシンプルでプレーンなペンの形も気に入っています。まんまペンシルロケットだ。

iPod shuffleに5色の新色登場

070201-shuffle.jpg

iPod shuffle

iPod shuffleの新色が出ました。最近は街を歩いていてもshuffleを上着や鞄のストラップに付けている人をよく見かけますね。好きな色でもあるオレンジが一番気になるけど、代わりに黒がないのは何でだろう?

小さくて見栄えのするカラーだけにファッションのアクセントに使えそうです。赤いshuffleを買って、愛のリンゴと組み合わせると幸せになれるかもしれません。

先のshuffleのフルモデルチェンジ、そして今回のカラーバリエーションの強化はshuffleの位置づけを上げるためのものでしょう。そして音楽鑑賞の最上位機種にnanoがそのままスライドして、iPodは動画鑑賞用の位置に。と、カテゴリ分けを自分で勝手に解釈しても意味がないような気はするけれど、iPodの80GBという容量は音楽用としては不必要に大きいことを考えるとこの位置関係で捉えるほうが自然だと思う。そんなことも含めて全面フルスクリーンのビデオiPodの発売をアップルに期待!

柔らかい曲線のベビーベッド – Nest Crib

061002-crib.jpg

Ooba – Nest Crib

メルセデスやナイキでデザインを行っていたスコット・ウィルソン氏が仲間と設立し、乳児用の家具のデザインを手がけるOoba。「モダンデザインのシンプルさとミニマリズムの特性は本質的に子供に似ている。」という同社の理念が反映されたベビーベッドのCribです。

一枚板の柔らかい曲線が良い感じ。寝台兼用のソファにもなる様です。素材はクルミ材とメープル材の二種類。クルミ材のカフェ風なベビーベッドも洒落てるけど、明るくて柔らかさが強調されるメープル材のほうが好きだな。

モダン・シンプル・ミニマムという僕の好きな三つの言葉が「child-like」と断言されて、ズバッといわれたというか何というか、鏡を見てとても納得した。

ロンドンにあるデザインカンパニー – Vitamin

061001-vitamin.jpg

Vitamin

ロンドンにある家具や雑貨のデザインを手がけるVitamin。その製品群に一目惚れしてしまいました。たくさんあって紹介し切れないんだけど、白地に緑のウェブサイトも含めてどの製品もシンプルかつ美しいデザインで統一されていてすごく好き。写真のスノーボードの板の様な製品はベンチだそうです。他にもタバコの灰皿を底に取り付けたちょっとシュールな花瓶や掃除機とフロアランプを組み合わせた面白い(でも格好良い)製品など色々。かわいいデザインもいっぱい。訪れてみるとビタミン効果で元気になれるかもしれません。

基本的に白いモノは大好きです。あれだ。豆腐とか。

うつ伏せ用の枕 – 聞こえるごろ寝まくら

 

ITmediaで紹介されていた仮眠用の枕です。机の上で使うことが出来て、各面に開いた穴のおかげで頭を乗せても耳がふさがれずにテレビの音や音楽が聞こえるようです。とても気持ち良さそう。

そういえば腕をそのまま枕にしてうつ伏せで寝ると毎回必ず20分ちょうどで目が覚めるんだけど、これって誰でも同じなんでしょうか。受験生のときは顔が赤くなっても、机の角に当たるお腹が痛くなってでも、この「20分ちょうどで目が覚めて意図せずに仮眠に最適な時間分の睡眠がとれる」機能のありがたみを感じずにはいられなかったんだけども。ありがとう、腕。

今でもその機能に感謝することはあるけど、やっぱり快適に眠れるほうが良いな。