OPPOが二つ折りスマートフォンの特許を取得

こんにちはTairaです。OPPOが二つ折りスマートフォンの特許を取得しました。


二つ折りスマートフォンとしては、昨年ZTEがAxon Mをリリースしています。ただ技術的な問題から、ディスプレイ自体はそれぞれ独立したもので本体を折りたたむ構造になっています。


Quoted from Gizmochina

しかし今回OPPOが取得したのは大きな1つのディスプレイを搭載した本体を折りたたむことが出来るという特許です。画像の左下のイラストを見るとディスプレイが一画面であることがわかります。

本体背面のヒンジ部分は他の部分とは異なる素材で構成されています。また片側に縦に2つ並んだカメラがあることが分かります。反対側はそのカメラの形に合わせたくり抜きがあります。これは背面を折り畳んだ際にカメラの出っ張りが収まるスペースだと思われます。


Quoted from Gizmochina

本体を広げると大きな一画面ディスプレイで使用することができます。映画を見たり、Bluetoothキーボードでテキストを入力する際に良さそうですね。画面の間にベゼルがないのでスッキリしています。

ディスプレイを折りたたんだ際はベゼルレスのスマートフォンのように見えます。折りたたんだ状態でのアスペクト比は一般的な16:9となるようです。折りたたむと左側(正面)にフロントカメラとセンサーが着て、通話用スピーカーは左側(背面)にくるようです。

現在のところOPPOは折りたたみスマートフォンをリリースするとは発表していませんが、将来的にリリースするプランが用意されていると思われます。

またOPPOは5Gネットワーク対応のスマートフォンをリリースする最初のメーカー(の一つ)になることを目指しています。Qualcommが先週中国で行ったテクノロジーサミットで、OPPO CEOのTony Chen氏がOPPOが5Gネットワーク・スタンダードになる計画を語りました。

すでに3年前からOPPOはQualcommと協働で5Gネットワークの研究開発を行ってきており、準備は着々と進んでいるようです。スマートフォンのあり方が変わってくるとも言われている5Gネットワークへの取り組み姿勢や、ユニークな製品のリリースを計画している辺り、OPPOの元気の良さを感じます。製品が楽しみです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Source: Gizmochina

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です