SJCAM SJ8情報がリーク!ネイティブ4K 60fpsのアクションカム

こんにちは、Tairaです。SJCAM SJ8の情報が出てきました。もちろんまだ確定情報ではありませんが、詳細なスペック情報もあったのでピックアップします。

SJCAM SJ8ってどんなカメラ?

4K@60fpsで撮影可能なSJCAMの次期フラグシップモデルです。発売次期は2017年12月と噂されています。

Quoted from Posh Gadgets

タイトルにもありますが4K@60fps対応になりました。すでにXiaomi Yi4K+が4K@60fps撮影に対応しているので、今後の主流になりそうですね。そして後発製品だけあって差別化はしっかり図られています。Yi4K+はAmabarella H2チップセットですが、SJ8は改良版のAmabarella H22チップセットを搭載する予定です。イメージセンサーはYi4K+、GoProHERO5と同じSony IMX377センサーです。

背面には2.33インチのタッチスクリーンを搭載しています。写真を見ていただくと一目瞭然ですが、アクションカムもスマホのようにベゼルレスに近づいて来ましたね。本体前面には0.96インチのタッチスクリーンが搭載されるようです。ここは既存のSJ6などと同じで撮影時間やバッテリー残量を表示するものと思われますが、タッチスクリーン搭載になるようなのでセルフィー用シャッターボタンとしても使えるかもしれません。

本体内蔵マイクはデュアルマイクになるようです。本体上部にはメッシュ状のスリット、側面の上部にも小さな穴が空いているのでここがマイク穴でしょうか。本体だけでステレオ録音が出来ると便利だと思います。もちろんオプションで外部マイクもサポート予定です。

そしてGPSに対応すると噂されています。ただ現時点では本体内蔵ではなく外付けでの対応になるとの見方が強いようです。どうせなら本体に内蔵して欲しいところですが、コストやサイズの問題があるのかもしれません。手ブレ補正は4K@30fpsまで利用可能となっています。4K@60fpsはまだ厳しいようですね。

今のところ値段に関する情報は全くありませんでした。ただスペックから予想するとXiaomi Yi 4K+と同等の価格(330~350ドル程度)でリリースなるのではないでしょうか。Yi4K+も性能からすると充分リーズナブルなので、価格で差をつけるのは難しいと思います。噂通りにSJ8が今年の12月にリリースされるとしたら、その時点でYi4Kが300ドル前後、SJ8が350ドル弱くらいになるのではないでしょうか。

GoProも新製品を出すとは思いますが、SJ8やYi4K+のように性能的にもハイエンドよりの製品が増えてくると立場的にはさらに苦しくなってしまいそうですね。

SJ8のスペック(未確定版)

チップセット:Ambarella H22
イメージセンサー:Sony IMX377 Sensor
ディスプレイ:2.33インチタッチスクリーン + 0.96インチタッチスクリーン
GPS: オプションでサポート
内蔵マイク:ステレオ
外部マイク:あり
手ブレ補正:あり(4K@30fpsまで)
Wi-Fi:あり(2.4GHz/5GHz)
端子:USB Type-C
その他:ボイスコントロール対応

現時点ではまだまだ未確定情報が多いので、また続報が出てきたら記事にしたいと思います。最後までお読みいただきありがとうございました。

Source:Posh Gadgets